渓谷コースの周辺風景、見処等について、ご案内します。

① 雁ケ沢駅
渓谷コースの発着場です。受付場所の吾妻峡周辺地域振興センターから、徒歩で約3分のところにあります。途中の雁ケ沢川付近では、バイパス国道からのランプウエイと旧吾妻線雁ケ沢橋梁と発電用水路の構造物が4層に重なった様子を眺める事ができます。また発着場のプラットフォームからは、間近に天狗山の雄姿が見えます。

② 雁ケ沢駅 ~ 松谷発電所付近
雁ケ沢駅を出発すると、暫く左カーブを描きながら藪の中を走ります。この辺りは曲線半径が250mときついため、国内ではこの近辺だけに見られる「半斜ちょう式架線方式」が採用されています。藪の中を抜けると視界が開け、渓谷コース内では最長の直線区間である「松谷ストレート」に入ります。左側には出力25,400Kwを誇る松谷発電所が見えます。右側には、松谷発電所に繋がる2本の巨大な導水管が見えてきます。導水管を横切る形で 第1松谷橋梁(L=15m25)、 第2松谷橋梁(L=6m)を渡ります。第2松谷橋梁は短い橋ではありますが、本体は本格的なアーチ橋で旧国道側からは「JR」のロゴマークを確認できます。

③ 松谷発電所 ~ 松谷上組踏切
松谷発電所を過ぎると、暫くのんびりとした田園地帯を走ります。左側には天狗山が良く見えます。間もなく平沢橋梁(L=25m50)を渡ります。石組みの橋脚が残るレトロな雰囲気の橋梁です。近くに愛らしい蛙の親子の石像(無事カエル)が設置されており、平沢橋梁を静かに見守っています。平沢橋梁を過ぎてすぐのところに、渓谷コース内唯一の踏切である「松谷上組踏切」が有ります。踏切は車道側が優先ですので、手前で必ず一時停止をして左右を確認してから通過してください。(と言っても殆ど人通りの無い寂しい踏切ですが・・・)。踏切を過ぎると右側に小さなお堂(十王堂)が見えてきます。

③ 松谷上組踏切 ~ 松谷トンネル
十王堂を過ぎると、線路は右に左にS字カーブを描きながら、暫く山間の田園地帯を進んでいきます。左側には松谷上組の集落が見えます。この辺りもきつい曲線区間が続き、最大カント量は85mmに及びます。車体の傾き具合より、傾斜のきつい曲線を体感することが出来ます。「WTBのカラフルな電柱」を過ぎると右カーブを描きながら、暫く16‰の上り坂が続きます。やがて左側に吾妻峡が迫り、左前方に猿橋が見えてきます。ここからが渓谷コースのクライマックス区間になります。間もなく松谷トンネル(L=104m00)に到達します。

④ 松谷トンネル ~ 樽沢トンネル ~ 樽沢仮転回場
松谷トンネルを抜けると55Km/hの速度制限票と落石警告用の特殊信号発光機(特発)が見えてきます。特発を過ぎると左側に再び吾妻峡が迫り、いよいよ日本一短かった樽沢トンネル(L=7m20)が見えてきます。トンネルに近づくと、トンネル上部に松の木が見えます。当時の建設責任者は、この松の木の景観を残したくて、ここを崩さずにわざわざトンネルにしたという説が残っています(諸説有り)。あっという間に樽沢トンネルを抜けて、隣の樽沢橋梁(L=12m20)を渡ると、間もなく樽沢仮転回場に到着です。
転回場では係員が、自転車型トロッコを方向転換しますので、その間は吾妻渓谷や樽沢トンネルの景観をお楽しみください。
方向転換後に、雁ケ沢駅に戻ります。