吾妻峡レールバイクには、国指定名勝吾妻峡沿いを走る変化に富んだ渓谷コース、のどかな田園風景の中を走る田園コースの2つの路線があります
(現在 渓谷コースのみ運行中)

コースマップはこちら

渓谷コース

 国指定名勝吾妻峡を眼下に、変化に富んだ景色を堪能できる渓谷沿いのコース。
2020年度に、第Ⅰ期として、雁ケ沢駅~樽沢仮転回場間で運行開始します。 長さは往復で3.2Km程の距離となっています。
 日本で一番短かいトンネルとして有名だった樽沢トンネルの他、長短幾つかの橋梁もあります。一般道路よりは高い所を走るのでちょっとしたスリルも味わえ、特に新緑や紅葉シーズンには素晴らしい景色を満喫することができます。

渓谷コースの詳しい案内はこちら

第Ⅱ期(2021年度)には、完成した八ッ場ダムの直下まで延伸し、長さは往復で5Km程度となる予定です。折り返し場では、真新しい八ッ場ダムの雄姿を目前に眺めることができます。

樽沢トンネル
樽沢トンネル遠景
国指定名勝 吾妻峡
折り返し場予定地付近より八ッ場ダムを望む
田園コース

 のどかな田園地帯を走る比較的距離の短いコース。行きは下り勾配で楽々、帰りは上り勾配になりますが、電動アシストで疲れることはありません。折り返し地点では、近代的なデザインの第2吾妻川橋梁を眺めることができます。運が良ければ特急草津号が見えるかも。
尚、この線区でしか見ることが出来なかった、珍しい半斜ちょう式架線方式のトロリー線が、今でも線路沿いに残っています。

水仙ちゃんの可愛いコースガイドはこちら

二本木踏切付近
雁が沢付近の半斜ちょう式架線
第2吾妻川橋梁