安全にお楽しみ頂くために

ひとくちに廃線敷きの活用と言いましても、安全対策には多くの関係者の尽力とそれなりのお金が掛かります。現在、渓谷線では今秋に予定している試験運行会に向けて、急ピッチで、トンネルの補修作業、落石防止対策、橋梁部の転落予防柵の設置工事等が行われています。加えて草だらけの線路の除草作業、有害鳥獣との闘い。梅雨が明けて暑い夏が来ると、これらは更に過酷な作業になります。それでもスタッフ一同、安全確保の為に万全を尽くして参ります。

松谷トンネルの補修現場

転落防止柵